Search the Community

Showing results for tags 'egoist'.

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • Site News
    • Annoucement
  • General Category
    • Ask a Question
    • English Discussion
    • 日本語讨论
    • 中文讨论

Blogs

There are no results to display.

Categories

  • Save Data
  • Subtitle Files (.ass)

Categories

  • lyrics

Calendars

  • Community Calendar
  • Anime
  • アニメ
  • Test

Found 21 results

  1. ninelie

    君を繋ぐ空の星が1つ音を立てても どれも同じ雨に濡れた夢ばかり 乾くだけの光 相手をなぞる答えに疲れた 繰り返す陽の無い夜明けに崩れた朝 捕まえたdaydream 出遅れたストーリーと栄光が どこへ叫び唱えても 荒れたトンネル 声もくぐれない だからサイレンス 灯すためと 外とパズルのようにハマるピースが必要としても 影もない偽りと同じだ 捨て去られ並ぶだけの賞 箱の中に揃えた苛立 順番待ちさらし 誤魔化しのゴール Don\'t be above your daydream 角が取れたvision 君の夢が横で外れても 僕は歌い 橋をかけよう だからサイレンス 鳴らすためと どこまでも片側に沿ったリズム 過ぎた町並みは終わりの愛と遠くへ 伝えれない歪みかけのイメージに 目が覚めた抵抗 型落ちの衝動 砕けたcry & dream 扉だけの理想 街が雑音に溺れ はしゃいでも 僕は歌い 舵を捨てよう だからサイレンス 響くためと
  2. KABANERI OF THE IRON FORTRESS

    思い出すだろう あの日の蒸気に 多くを失って 無数にある 過ちの跡 進めど道が見えぬ時に お前は言った 「脈打ち燃ゆるその血に問え」 応えろ鼓動 鋼鉄のカバネリよ さあ 立ち上がれ 己が全て地に叩きつけ 今 その心は誓った友の為に 燃やせよ その命 変えてゆけ世界を 思い出すだろう あの日の自分を 誰が許すだろう 闇が捉う 鈍(にび)た心を 守れなかった者を思い 嘆け そしてその痛みが お前を生かす強さと知る 不屈のカバネリよ さあ 超えて行け 抗うその手は 切り開くだろう 為せるか心 揺らぐことのない覚悟 貫け その意志で 足掻いて掴みとれ 確かに聞いた 悲しみの中 誰もが下を向く時 「顔を上げろ」と 恐れることはない 見よ そこにあるのは希望だ 両の目に映るもの 強く願え それは叶う 鋼鉄のカバネリよ さあ 立ち上がれ 己が全て 遍く者たちに 鋼鉄のカバネリよ さあ 立ち上がれ 己が全て地に叩きつけ 今 その心は誓った友の為に 燃やせよ その命 変えてゆけ世界を
  3. 我已经对这个缩图的世界绝望了……~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~但chelly好萌~ Q:必杀技是? A:秘奥义・赌气睡! 转自 chelly吧 RETFAICHI
  4. All Alone With You

    誰かを愛することなんて できるわけなくって だけど誰かに愛されたくて 変わらない昨日がずっと続いたとしても どこにも行けやしないんだ 私とキミ 神さま どこへ行ってしまったの ねえ 返事はなくて いつだってそうだよ Are you still here? You'll never walk alone あなたと行く どんな罪も 背負ってあげる 道なき道を 歩いてくの あなたと二人で こっちにきて 私に触れて キスをして もっとめちゃくちゃに したっていいんだよ? いつか誰もが死んじゃって 忘れられてくなら 今確かなものだけを信じるわ 神さま気取りの人が言うの ねえ 人は強いって そんなの嘘だよ Do you agree? I will stay with you あなたの手で 抱きしめてよ 思いっきり 怖がらないで もう大丈夫 私なら その手が汚れて しまったとしても 愛してほしい 私のこと You'll never walk alone あなたと行く どんな罪も 背負ってあげる 道なき道を 歩いてくの あなたと I will stay with you あなたの手で 抱きしめてよ 思いっきり 望めないものは なにもないから あなたと二人で
  5. elbadaernU

    It's swallowed up in the dark dark dark You are swallowed up that love that hate that past that pain and you know yourself I found between 0 and 1 That's my name it's lost in everything but you know You understand my feeling 例えば僕がキミなら きっとこんな風に I said it's not that I love you but you love me because I love you It's swallowed up in the dark dark dark You are swallowed up that love that hate that past that pain and you know yourself yourself これは誰の顔だ? 僕の形 はまるで不確かで 疑 わしくて やっぱ僕がキミでも きっとこんな風に I said it's not that I need you but you need me because I need you It's swallowed up in the dark dark dark You are swallowed up that love that hate that past that pain and you know yourself yourself
  6. キミソラキセキ

    キミに触れた時 高鳴る鼓動が聞こえた 初めて知ったの 想いは力になるって 星屑散りばめた空に キミへ届けと願う 私の歌 聞こえますか? I love you forever 最後に言えずにいた 今更だけど伝えたい想いがある I love you 何度も 何度でも聞いてほしい キミを愛してるから 守るものなんてなんにも ないはずだったのに キミの存在が私を臆病にさせた 失くした気持ちが少しずつ 戻り始めてきて こう言うんだ 二人ならきっと I love you forever 最後に言えずにいた 勇気を出して伝えたい想いがある I love you だから 何度もキスをしよう キミを愛してるから さよならが教えてくれた 二人めぐり合えた それってキセキなんだね きっと I love you forever 最後にキミに言おう こうして二人 肩寄せていられるうちに I love you 何度も 何度でも伝わるまで キミを愛してる さよなら また会える こうして二人 いつの日だって瞳を閉じれば 思い出せるよ I love you だから もう二度と振り向かない キミがそばにいるから キミを愛してる
  7. 名前のない怪物

    御伽話(フェアリーテール)は さっき死んだみたい 煉瓦の病棟でうまく歌えなくて 霧に煙る夜 浮かべ赤い月 ほらみて 私を 目を逸らさないで 黒い鉄格子の中で 私は生まれてきたんだ 悪意の代償を願え 望むがままにお前に さあ与えよう正義を 壊して 壊される前に 因果の代償を払い 共に行こう 名前のない怪物 耳鳴りがしてる 鉄条網うるさくって 思い出せないの あの日の旋律 雨はまだ止まない 何にも見えないの ほらみて こんなに大きくなったの 黒い雨 降らせこの空 私は望まれないもの ひび割れたノイローゼ 愛す同罪の傍観者達に さあ今ふるえ正義を 消せない傷を抱きしめて この身体を受け入れ 共に行こう 名前のない怪物 ああ 神ハ告ゲル 真ノ世界ヲ 黒い鉄格子の中で 私は生まれてきたんだ 悪意の代償を願え 望むがままにお前に さあ与えよう正義を 壊して 壊される前に 因果の代償を払い 報いよ 名もなき怪物 黒い雨 降らせこの空 私は望まれないもの ひび割れたノイローゼ 愛す同罪の傍観者達に さあ今ふるえ正義を 消せない傷を抱きしめて この身体を受け入れ 共に行こう 名前のない怪物
  8. カナデナル

    永遠の夢の続きを この果てなき旅に ああ 終わりを 滴 る深淵 覆え全てを 腐食した時の大樹に祈る 満たされた月 寓話を紡いだ 奏で鳴るバラッド 壊して 七つの太陽沈んだ 天と地と海を ああ 消し去る たぎり嗤う炎 覆え全てを 終わりゆく世界 始まりへ向かえ 満たされた月 寓話を紡いだ 奏で鳴るバラッド 禍を歌え
  9. The Everlasting Guilty Crown

    世界(せかい)は終(お)わりを告(つ)げようとしてる 誰(だれ)にももう止(と)められはしない ――始(はじ)まる 崩壊(ほうかい)の交響曲(シンフォニー)が鳴(な)り響(ひび)いて 降(ふ)る雨(あめ)はまるで涙(なみだ)の音色(ねいろ) 教(おし)えて 支配(しはい)し支配(しはい)され人達(ひとたち)は いつかその心(こころ)に憎(にく)しみを そして愛(あい)することを思(おも)い出(だ)せず 争(あらそ)うの? この歌(うた)が聴(き)こえてる 生命(いのち)ある全(すべ)ての者(もの)よ 真実(しんじつ)はあなたの胸(むね)の中(なか)にある 嵐(あらし)の海(うみ)を行(ゆ)く時(とき)も 決(けっ)して臆(おく)することのない強(つよ)さを くれるから けれども進(すす)むほど風(かぜ)は強(つよ)く 希望(きぼう)の灯(ひ)はやがて消(き)えていく 「灯(あか)りをよこせ」と奪(うば)い合(あ)い 果(は)てに人(ひと)は殺(ころ)し合(あ)う 涙(なみだ)などとうに枯(か)れて 気付(きづ)いて その目(め)は互(たが)いを認(みと)めるため その声(こえ)は想(おも)いを伝(つた)えるため その手(て)は大事(だいじ)な人(ひと)と繋(つな)ぐためにある この歌(うた)が聴(き)こえてる 世界中(せかいじゅう)の寄(よ)る辺(べ)なき者(もの)よ 希望(きぼう)はあなたの胸(むね)の中(なか)にある 燃(も)え盛(さか)る焔(ほのお)の中(なか)でも 決(けっ)して傷(きず)つくことのない強(つよ)さを くれるから その手(て)で守(まも)ろうとしたものは 愛(あい)する者(もの)だったのだろうか 紅(あか)く染(そ)まったその手(て)を眺(なが)めて やっと自(みずか)らがしてきた愚(おろ)かさを 過(あやま)ちと認(みと)めるその罪(つみ)を とめどなくあふれるその涙(なみだ)を知(し)る 終わり この歌(うた)が聴(き)こえてる 生命(いのち)ある全(すべ)ての者(もの)よ 真実(しんじつ)はあなたの胸(むね)の中(なか)にある 嵐(あらし)の海(うみ)は静(しず)まった 失(うしな)ったものは数(かぞ)えきれなくとも この歌(うた)が聴(き)こえてる 世界中(せかいじゅう)の寄(よ)る辺(べ)なき者(もの)よ 希望(きぼう)はあなたの胸(むね)の中(なか)にある 悲(かな)しみの夜(よる)を超(こ)える時(とき) 必(かなら)ずあなたは生(い)きていく強(つよ)さを 持(も)てるから
  10. エウテルペ

    咲(さ)いた野(の)の花(はな)よ ああ どうか教(おし)えておくれ 人(ひと)は何故(なぜ) 傷(きず)つけあって 争(あらそ)うのでしょう 凛(りん)と咲(さ)く花(はな)よ そこから何(なに)が見(み)える 人(ひと)は何故(なぜ) 許(ゆる)しあうこと できないのでしょう 雨(あめ)が過(す)ぎて夏(なつ)は 青(あお)を移(うつ)した 一(ひと)つになって 小(ちい)さく揺(ゆ)れた 私(わたし)の前(まえ)で 何(なに)も言(い)わずに 枯(か)れていく友(とも)に お前(まえ)は何(なに)を思(おも)う 言葉(ことば)を持(も)たぬその葉(は)で なんと愛(あい)を伝(つた)える 夏(なつ)の陽(ひ)は陰(かげ)って 風(かぜ)が靡(なび)いた 二(ふた)つ重(かさ)なって 生(い)きた証(あかし)を 私(わたし)は唄(うた)おう 名(な)もなき者(もの)のため
  11. もうあなたから愛(あい)されることも 必要(ひつよう)とされることもない そして私(わたし)はこうして一人(ひとり)ぼっちで あの時(とき)あなたはなんて言(い)ったの? 届(とど)かない言葉(ことば)は宙(ちゅう)を舞(ま)う わかってるのに今日(きょう)もしてしまう 叶(かな)わぬ願(ねが)いごとを 離(はな)さないで ぎゅっと手(て)を握(にぎ)っていて あなたと二人(ふたり) 続(つづ)くと言(い)って 繋(つな)いだその手(て)は温(あたた)かくて 優(やさ)しかった あなたはいつもそうやって私(わたし)を 怒(おこ)らせて最後(さいご)に泣(な)かすんだ だけど後(あと)になって ごめんねっていうその顔(かお) 好(す)きだった 離(はな)さないで ぎゅっと そう思(おも)いっきり あなたの腕(うで)の中(なか)にいたい 二人(ふたり)でおでこをあわせながら 眠(ねむ)るの もう二度(にど)とは会(あ)えないってことを知(し)ってたの? 離(はな)さないで ぎゅっと あなたが好(す)き もう一度(いちど)だって笑(わら)ってくれないの あなたの温(ぬく)もりが消(き)えちゃう前(まえ)に 抱(だ)きしめて
  12. Lovely Icecream Princess Sweetie

    You alread crazy for me 少し憧れる あの唇忘れらんない うるうるしててキュート ちょっとあつぼったいのがいいの 初めての色はラズべリービンクが グロスして ステキに気持ちが高まるの 人は愛されるために生きている なんて話 嘘じゃないんだ たぶんハッピー 気分は上々 一個持ってしまえばもっと 欲しくなるのはどうして ねえ教えて ねえ教えて 失敗だらけのリップスティックだって そのうちサマになるかも Sweertie Baby Sweetie Baby わしづかみ My heart gone あの感触忘れらんない ぷるぷるしててラブりー ちょっと甘めな香がいいの 坊主が屏風に上手に絵を 描いたらしいのは 今から何年前のこと? 人は唇と唇を今日も飽きもせずに重ね合わせて たぶんルーシー 愛の女神 一個持ってしまえばもっと 欲しくなるのはどうして ねえ教えて ねえ教えて 失敗だらけのリップスティックだって そのうちサマになるかも Sweertie Baby Sweetie Baby セクションB イレジスティブルな04 この色 リップス 世界を塗り替えちゃうの そして私愛されてみたい それがどんなものが知らないから アリガト サンキュー 謝謝 一個持ってしまえばもっと 欲しくなるのはどうして ねえ教えて ねえ教えて 失敗だらけのリップスティックだって そのうちサマになるかも Sweertie Baby Sweetie Baby 一個持ってしまうまでは 気付きもしなかったのに ねえ見てもっと ねえ見てもっと 失敗だらけのリップスティックだって そのうちサマになるから Sweetie Baby Sweetie Baby Sweetie Baby Sweet Sweet Baby
  13. 雨、キミを連れて

    突然降り出した雨 土煙をあげて この街に落ちてきた ごうごう 音たて 傘を持たぬ人たちは 濡れ競う 生者の群れ 二人眺めてたんだ 当てもなく 何処行く? 途方にくれる世界の隅っこ 小さなトンネルに閉じこもって ついたため息 あくびで答える キミの手を強くぎゅつと握った 世界はモノクロのまま走る 大粒の雨 地面を叩く 当たり前の言葉が欲しくって わからずや キミは臆病者 私の気持ちなんか知らないで もっと強く その手で握りしめて ゆるく繋いだこの手 降り止まないこの雨 途方にくれた二人 小さなこのトンネル キミの顔を見上げて 見つけたこの感情 頼りなくて温かい 遠くで轟く雷が キミの手を強くぎゅつとさせた 世界はモノクロのまま走る 大粒の雨 地面を叩く 当たり前が案外遠くって わからずや キミは臆病者 私の気持ちなんか知らないで もっと強く その手は握れるのに 握れるのに 世界はモノクロのまま走る 増してく激しさ 二人ぼっち 言葉探し またため息をついた わからずや キミは臆病者 私の気持ちなんか知らないで もっと強く その手で握りしめて 世界はモノクロのまま走る 大粒の雨 地面を叩く 当たり前の言葉が欲しくって わからずや キミは臆病者 私の気持ちなんか知らないで もっと強く その手で握りしめて その手でもっと握りしめてよ
  14. この世界で見つけたもの

    泣いてるだけなんて もう嫌だから行かなくちゃ 今までありがとう 今夜は風が気持ちいね ありきたりで だけど私にとっては大切て特別な そんな感情 キミがくれたんだよ全部 ずっと前から きっと きっとこうなる運命だったんだ 確かなものどひとつもここにはないけと キミは抱きしめてくれた 脈打つ鼓動 吐息 キミの体温 全てが ここにあるから キミのその笑顔に私 今までどれだけ 救われてきたんだろう だから今度は私か笑顔で言わなくちゃ さよなら バイバイ 怖くて震えた夜は いつもキミを想った 今すぐ会いたいよ 言えなくて言葉を飲み込んだ お願い 私のこ手を離きないで 今更ね わかってる もう遅いってこと キミも私も知ってるの これが最後 なのに なのにとうて涙があふれて 確かなものどひとつもここにはないけと キミは強さをくれた 二人分の想いを乗せて走る未来はもう とこにもなくても キミのその笑顔に私 ずっと忘れない とれだけ時が過ぎても キミが私を思い出せなくってもずっと 忘れないよ 脈打つ鼓動 吐息 キミの体温 全てが 忘れないから
  15. 想いを巡らす100の事象

    あんな些細な約束を大事に思って キミはなて小心者なのだろう 心死なキミを見てたらなんだか 腹が立ってたことでさえ たいしたことじゃないような気がした 私 自分のことがよくわからなくなって キミはなのに能天気な顔して 笑ったキミを見てたらなんだか ずっと悩んでたことてさえ たいしたこたじゃないような気がした とんな理由をつけても 説明がつかないの キミのこと 悲しいことがあっても いつも我慢をした 涙は人に見せてはいけないものだ なのにキミは何も言わずそばにいてくれたから 私の目はちょっとだけゆるんでしまう とんな理由をつけても 説明がつかないの キミのこと どれだけ考えたって わかってるのはたぶん 嫌いじゃないっていうこと
  16. Extra terrestrial Biological Entities

    I'm beyond the farthest stats and I have been looking for you The light went down before my eyes The light shone in the darkness 瓦礫の山を登る夢を見ていた どこまでも どこまでも続いてる 七色スべタトラム 眠ってた僕の意識再び動き出す ah あの日空が割れ僕は 逆さまになって落ちた oh どこまででも行ける気がして Light a fire Light a fire ah あまりにも美しくて 感覚が drive してく oh 手が届きそう 真実に Light a fire Light a fire Flame in my heart 僕の心は粉々にされたみたい 嘘と愛とで世界は溢れてうるんだ 気が付いたら僕はそこで倒れてて きらきら光る破片 爆発音 浮遊してスローモーション 鳴り響く雷電 そう 今君は目覚める ah その右目 泣いているの? 君はまるで僕みたいだ oh ずっと待ってた この場所で Light a fire Light a fire ah あまりにも美しくて 感覚が drive してく oh 手が届きそう 真実に Light a fire Light a fire Flame in my heart 震える空気 鼓膜が揺れて あの道で Standing 君と並んで そしたら Flashing Light 弾けて 気が付いたら君がいなくて 震える空気 鼓膜が揺れて あの道で Standing 君と並んで そしたら Flashing Light 弾けて 気が付いたら君がいなくて ah あの日空になった僕は 天王星にだってなって見せた oh どこへだって連れてくから Light a fire Light a fire Flame in my heart
  17. 手遅れ

    予測 状況 反面 犠牲 期待 夢 問題 現実 欠点 障害 表象 幻影 想像 虚構 映象 偶像 根源 仮面 矛盾 領域 対立 不協 過去 崩壊 欠落 真実 衝突 もう手遅れ ちょっと手遅れ もう手遅れ きっと手遅れ だから もう手遅れ ちょっと手遅れ ねえ手遅れ 全部手遅れ 手遅れ もう手遅れ ちょっと手遅れ もう手遅れ きっと手遅れ だから もう手遅れ ちょっと手遅れ ねえ手遅れ ほんと手遅れ late....... 欠点 障害 表象 幻影 想像 虚構 映象 偶像 根源 仮面 矛盾 領域 対立 不協 過去 崩壊 欠落 真実 衝突 予測 状況 反面 犠牲 期待 夢 問題 現実 手遅れ もう手遅れ ちょっと手遅れ もう手遅れ きっと手遅れ だから もう手遅れ ちょっと手遅れ ねえ手遅れ 変に手遅れ もう手遅れ ちょっと手遅れ もう手遅れ きっと手遅れ だから もう手遅れ ちょっと手遅れ ねえ手遅れ ほんと手遅れ
  18. LoveStruck

    キミのこと考えたもあたし 目を抉じ開けたまま 一晩明かしてる あいもかわらず眩しい朝だ I'm feeling a little down in the dumps today 優しいキミは語るわ Don't let it get you down 無責任ね でも好きよ 羅列暗号 理論上の空想 次々色を変えるキミの 解読魔法 言の葉仕掛け 或いはあたし 動かされるのはいつも全部 ラブレター綴った そのままキミにあげるから 読んでみせてよ 意地悪さん Something good happened to me today ちょっと聞いてよ ほら Your happiness is indeed contagious 妄想でも 好き 羅列暗号 理論上の空想 次々色を変えるキミの 解読魔法 言の葉仕掛け 或いはあたし 動かされるのはいつも全部 gray そうね blue 誰も悪くないの green だから教えて yellow だって怖いの white どうするつもり? purple 無気力なあたしに 夢中なんて描き出して いつだってあたしは音楽(キミ)と共に この街でかかとを鳴らしてゆくわ キミを歌えるようになる頃には あたし多分 ビッグスター キミを歌えば大好きな人が増えるんだもの 楽しまなくちゃね 羅列暗号 理論上の空想 次々色を変えるキミの 解読魔法 言の葉仕掛け 或いはあたし 動かされるの 羅列暗号 理論上の空想 次々色を変えるキミの 解読魔法 言の葉仕掛け 或いはあたし 動かされるのはいつも全部
  19. 原罪の灯

    ここに証そう お前の名を ご覧 あれが生命(いのち)なる灯 時を紡ぐパウロの音よ 永久に伝う物語よ 闇を照らす小さき者 傲え彼に 私もまた 祈り称え 生命(いのち)の灯を 来たるまで共にあらん 共にあらん
  20. planetes

    静かの海に一人 拾った貝殻耳に当てた じっと耳を澄ませば ほら 聴こえてくる 君のメッセージ 言えなかった想いを 砂に書いては 波がさらってゆく Hello Hello ここにいるよ この物語の始まりの場所で 約束だけが繰り返しても あなたの記憶に私はずっと生きてる 記憶の海の沈み 久遠の時を私は行こう ここから見える小さな地球(ホシ)と 見果てぬ宇宙(ンラ)に君を想って 雲の切れ間輝く青い故郷 地平線に消える Hello Hello ここにいるよ この物語の始まりの場所で どれだけ時が過ぎようとも あなたの記憶に私はずっと生きてる 惑星が落ちる頃 あなたと私 引かれあって 必ずまた会える あの約束の場所で Hello Hello ここにいるよ 電子を辿って始まりの場所へ 約束だけが繰り返してる あなたに会うため旅を続けよう 私は宇宙(ンラ)から 流れ この物語の始まりの 場所へ その時再び会えるだろう あの青い地球(ホシ)であなたに辿りつくから
  21. Ce que j'aime ~inori no kyuuzitu~

    うきうきしてるの なんででしょう うきうき わくわく わくわくしてるの なんでしょう わくわく どきどき 甘いものが好き しょっばいのも好き おなかが減るのは なんででしょう どうしてなんでしょう