Search the Community

Showing results for tags 'lisa'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • Site News
    • Annoucement
  • General Category
    • Ask a Question
    • English Discussion
    • 日本語讨论
    • 中文讨论

Blogs

  • Eudemonia
  • reserved
  • 熊の国
  • SOS団
  • lastimage's Blog
  • RailGun's Blog
  • kmynekoii的博客
  • vendetta's Blog
  • 波神_奏's Blog
  • 上将潘兴
  • Fate's Blog
  • leocatphx
  • asinglan的博客
  • Shigeru's Blog
  • Invisible Chord
  • madao knigt's Blog
  • 獅子座の影子's Blog
  • xuqiang's Blog
  • 只有无口知道的世界
  • 地上最强死宅
  • 林順潮眼科中心

Categories

  • Save Data
  • Subtitle Files (.ass)

Calendars

  • Community Calendar
  • Anime
  • アニメ
  • Test

Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Location


Interests

Found 18 results

  1. Eudemon

    終わらない冒険

    少しずつ開いた つぼみに僕は 永遠をほんのり感じてただけ 青に変わる交差点 もう行かなくちゃ キミの姿を まだ探してしまうから 行き場のない寂しさを一人 僕は僕なりに 足したり ひいたり 寄り添いながら 答えのない答えを求めて 何千回僕は僕を嫌になって 新しいスタートライン立って それぞれに悔やんだ今日を抱き また歩いてく 僕ら広い地球のどこかで 見つけ出せるんだクローバー 終わらない小さな冒険 続け!GLORY 僕に向けられてた その瞳の中 覗き込んで ほら、疑ってしまうんだ 残されたリミットで僕はどれだけ 誰かの嘘まで愛していけるかな ナイフのような鋭い言葉に ココロはいちいち 戸惑って 傷ついて 涙こらえては 強くなれる明日を願ってる すぐに分からないことだって 吹き荒れる風のせいにして ふらりたどり着いた草むらで ゆらゆら揺れる 例えタイムマシーンに乗っかって やり直したって きっと僕はどこかでキミに出会う 偶然と偶然が重なった時に いくつもの奇跡が起こったなら あてのない旅路だって光に続いている 僕は僕を嫌になって 新しいスタートライン立って それぞれに悔やんだ今日を抱き また歩いてく 精一杯 僕は僕のストーリーを カラフルに染まった感情と この目に映った今日を抱き まだ歩いてく 僕ら広い地球のどこかで 見つけ出せるんだクローバー 終わらない小さな冒険 続け!GLORY
  2. Eudemon

    シルシ

    街明かり照らした 賑やかな笑い声と 路地裏の足跡 伝えたい想いは どれだけ届いたんだろう いつも振り向いて確かめる いつだって迷わず キミはきっとどんなボクも追いかけてくれるから じっと見つめた キミの瞳に映ったボクが生きたシルシ 何度も途切れそうな鼓動 強く強く鳴らした 今日を越えてみたいんだ 手にした幸せを 失うことを恐れて 立ち止まっているより 一つ一つ大きな 出来るだけ多くの 笑顔咲かせようと たくらむ 思い出す ボクらの 通り過ぎた日々がいつも輝いて見える様に ぎゅっと握った キミの温もりで 感じた ボクら繋いだ証 キミと今同じ速さで あの日描いた未来を 歩いている いくつ願い叶えてもキミと過ごしたい新しい明日をすぐに 次々にボクは きっとまた願ってしまうから 流れてく時間(とき)は容赦無く いつかボクらをさらってくから 瞬きした一瞬の隙に キミの見せる全てを見落とさないように じっと見つめた キミの瞳に映った ボクが生きたシルシ 何度も途切れそうな鼓動 強く強く鳴らした 今日を越えていけなくても キミと生きた今日をボクは忘れない
  3. Eudemon

    いつかの手紙

    まるで 心にいつでもある秘密基地 笑顔 近く遠く それがよかった あくびの延長で数年後を語り合う たぶん それはきっと 特別なこと ずっと ずっと ..と願うほど痛むけど ここにある歌がいい 感じてこの光 触れなくて見えなくても いつまでも側にある 遥か未来の僕が この手紙開くときに つたなすぎて笑っても ここにある夢がずっと大きく 咲いてるように 伝えたいことはきっとくしゃみひとつ分 寒くなると増えて 眠れなかった ふたつ みっつ さみしさと重なるけど ここに吹く風がいい 名前の無いゆらめき 笑い合って ふとした時 消えてしまう気がしても いつかこの日の僕に 答えになる微笑みを 完璧とは言えなくても 恰好つけられるように今から 見上げてゆこう そっと そっと 忘れてしまうものだけど ここにある歌がいい 小さくても消えない 探し物へ走る度に 何かを見失うけど 思い出せない顔して この手紙開くときに 胸が音を立てるように 言葉に出来ないこの気持ちを 歌ってゆこう
  4. BrokenMadoka

    終わりのない歌

    ある日小さな村に旅する 吟遊詩人が訪れた まだ若い少女で 旅も慣れてなかったけど 歌には自信がある 少女は村の中央にある 広場に座りリュートを弾き唄い始めた でも誰ひとり出てこなかった 聞こえていないのか 悩んだ末に出てこないなら 無理矢理でも聞こえるようにと 雷鳴のように叫び唱った それがみんなの心を震わせた 出てきた村人たちは みんな不気味な形をしてた 少し恐かったけどやがて打ち解けてた 歌を唄うたびに 「こんなわたしたちを見ても 逃げないとは大したもんだ」 そう言う杖つくお爺さんが村長だった 事情を聞いてみた 昔愚かな青年が居て 国王の娘と恋をした ふたりで駆け落ちを企てたけど その途中で捕まってしまった 国王は冷たく言い放った 「こいつとその子孫にまで及ぶ 異形の呪いをかけて野に捨てろと」 ある日みんなが言ってくれた 「あなたの歌には不思議な力がある 曲がってた骨もこんな真っ直ぐに もうすぐ治りそうだ」 毎日こうしてこの村で 歌を聴かせてあげれれば 呪いも解ける日が来る、 そう思い始めてた なんの迷いもなく だけどその噂が広まり 騎士が馬に乗りやってきて 少女を連れ去って 城の深い牢獄に閉じこめた 国王が現れ「その力は私のために使え」と言う そんなのお断りだ! 「ならそこで一生過ごすといい」と 告げ立ち去った 泣いてなんかいられない ここからでも歌を唄おう あの時も届いた さあ始めよう《終わりのない歌》を 長い長い時が過ぎた 村にもまた春が訪れ 子供たちは輪になり伝承の歌を謡う 旅人が残した 少女はまだ旅をしてた もちろん大好きな歌を唄い 神様 叶うのなら あの村でもう一度みんなに会いたい もうこの世にあたしはいないけれど
  5. BrokenMadoka

    LOVER“S”MiLE

    隣に居るけど 手も握れるけど 夢じゃないけどまだ 知らないキミがいて そわそわするから 『キカセテ キミノコト』 まだ僕のいない your past 届かなくて いちいち きっとね 妬いちゃうけど 見つめ合って 吹き出しちゃう瞬間 勝ち負けなんて 意味ないって 思えたりして ねぇ ねぇ ここからの思い出 僕とキミとで あぁ あぁ “今”だけが作れる こんな幸せ あの日に二人で 見上げた夜空を 呼び戻してみては 並べた もしもに はらはら止まらない 『言えず 朝が来たら…』 仮にキミ無しの my Life 割と僕は うまくね やり過ごせちゃうけど このスペシャルが 嬉しいから 勇気を出した あの日の僕に ご褒美あげよう ねぇ ねぇ 確かめる 同じ気持ちを キミとね あぁ あぁ “今”だけが作れる こんな幸せ 絶対なんて ありっこないけど ほんの少し 来年も その先も ずっとまだ きっと笑ってる ねぇ ねぇ 昨日より 僕は僕を好きでいて あぁ あぁ キミだけがくれるよ こんな幸せ
  6. BrokenMadoka

    ジェットロケット

    そうだよ 一個だって譲らないで もう一歩だって迷わないで 最高な君を見せてね 突きぬけた空の下 入り交じった君と君 不安と緊張と 同じ数の自信と勇気 登り道 下り道 蛇の道にいばら道 どんな道だって 踏み出せれば君のもの 靴紐はOK? 風向きも大丈夫! 強い気持ちalright? 持ったらイメージして 最上級な世界へ run run run 走って君だけの場所へ 遮るものはないから be ready now, ready now, 3, 2, 1 GO! 絶対なんてno way! だから捨てないで いつまで経っても負けないスペシャルなハート そうだよ 一個だって譲らないで もう一歩だって迷わないで 最高な君を見せてね 簡単な事じゃない 強がりも意味がない 壁も見えちゃって くじけそうにもなるけれど 信じたから生まれた 背中押すその言葉 「どんな時だって 一人じゃない、 わかるでしょ?」 昂るハイテンション 同情ならno thank you 確かなフォーメーション 想いを繋いで最上級な世界へ yes yes yesだ、全部! 君が選ぶなら 後悔なんてさ 辛いから be ready now, ready now, 3, 2, 1 GO! 信頼のシルシをその手に握って 帰る場所にはみんなの笑顔が待ってる そうだよ 格好なんて気にしないで 意地っ張りは隠さないで いいんだよ 君に ハレルヤ! 頑張ってる君の足音 残った君の足跡 全部全部この世界の どこかの誰かに今日も届いてるから oh yeah! oh yeah! オリジナルジェットロケットでgo your way! 君だけのプライドは only oneでbrightest だからほら 一歩ずつ 踏み出せ 前を見て 最上級な世界へ run run run 走って君だけの場所へ 誰も追いつけないから さあ get there, get there, 3, 2, 1 GO! 行けるよだって 当然君のものなんだよ 何が起こっても負けない 最強のハート そうだよ 一個だって譲らないで もう一歩だって迷わないで 最高な君を見せてね 最高な君を見せてね
  7. BrokenMadoka

    アンフィル

    肩にとまった ため息ひとつ 鳥になれたら 歌うだけで生きれる? ありのままを 受け止めて 君に伝えたいの true thing 何度も何度も 胸の奥紡いだメロディー 君にも届くように 大きな声で歌うから 胸に響いたら 合図して 作り笑いで 疲れた夜は 弱い自分が 映る鏡を伏せて 深呼吸して 繰り返す 君が聴いてくれた true song 何度も何度も 胸の扉叩くリズムで 誰もが忘れぬように 私は歌い続けるから カウント聞こえたら 行こう 何度も何度も 何度も何度も 胸の奥紡いだメロディー 君にも届くように 大きな声で歌うから カッコ悪くてもいい? 消したい過ちも 誰にも言えない秘密も全部 裸にして 君に 歌うよ 君に
  8. BrokenMadoka

    笑ってほしくて

    曇り空の下 ひまわりは うつむき悲しげな顔で 無理して 平気なフリしても 落ちる雫 隠しきれない 太陽は顔出して 上向いたひまわりに 急に笑いかけるから つられちゃって 吹き出したよ 笑ってほしくて 隣のキミに 笑っていたいって すごく思えたの 笑った太陽 放つ光は 今も どこかで誰かを笑わせる 晴れた空の下 ひまわりは 顔上げ 綺麗に咲いてた それ見て 道行くアタシは 何故か笑顔浮かべていた くだらない事だけど 頭によぎったキミに 急に逢いたくなって キミのもとへ 走り出したよ 笑ってほしくて 隣のキミに 笑っていたいって すごく思えたの 笑ったひまわり 放つ笑顔は 今も どこかで誰かを笑わせる 太陽の光を ひまわりに アタシの愛を キミに 笑ってほしくて 隣のキミに 笑っていたいって すごく思えたの 笑ったアタシが 放つ愛は 今も どこかで誰かを笑わせる
  9. BrokenMadoka

    ROCK-mode

    即効性の不安材料で 毎日が過ぎてって とめどなく 溢れ出した discontent パーテーション その向こうへ 大事なものだけ持って 楽しい事しようよ ほらMusic start! (too shy!) too shy? 心配御無用 感じるままに飛び乗ったら (to shout!) to shout! 声は出るでしょ?ご機嫌いかが? (I'm fine, thank you!) 嘘のない この心 キミに向けて発射オーライ ただのちょっとも 待てないんだよ 気分上々、こっちおいで マニュアルも 決め事もない 合言葉は たりらたりら 怖くない 恥ずかしくないんだよ 理由とか 意味とかなんて 分からなくても たりらたりら とりあえず 出たとこ勝負で GO それじゃ最初のご挨拶から “キミ、アタシ、ROCK-mode” 幼少期の頃みたいに 何があっても 笑って 居られるかな? 居られるよ ここなら こっそりと背負い続けた 弱さや悲しみ全部 足元に一旦置いてイインダヨ (too hot!) too hot! どこまで行ける? ここはキミだけのラボラトリーっ! (to break!) to break? Neighbour's joy まで壊すなら減点だぜ(boooo!!) キック、スネア、 ハイハットからベースのリズム ride on! ride on! ギター、ピアノ、最後にアタシが 心を乱れ撃ち(Hi!!) ここにいる それだけで今 繋がれるよ たりらたりら とめどなく 上がり続ける 体温 届けるよ アタシがキミに ストレートに たりらたりら 少しだけ素直になれる魔法 後、思いやりもお忘れなく さぁ “キミ、アタシ、ROCK-mode” 日常のシステムに 止まらないクエスチョンのマーク ちょっとずつ 鬱憤たまる ちょっとずつ 混乱していく それでもどうしようもなく 無理して笑ってます そんなのは嘘っこです 本当の自分じゃないよ そう、キミも知ってんだろう? キミの全部を受け止めるから 気分上々、もっとおいで マニュアルも 決め事もない 合言葉は たりらたりら この音に その体任せて 理由とか 意味とかなんて いらないから たりらたりら 手は挙がる?心は動く?OK! それじゃ最後の最後まで行こう “キミ、アタシ、ROCK-mode” さぁ次は、何の曲?
  10. BrokenMadoka

    花とミツバチ

    なんで? 取り替えっこなんてきっと 出来ない方がいいのに 僕になりたいだなんて 泣き出すのかと思った “いいな いいな 自由でいいな” なんて僕に言うけど 描きかけの キミのスケッチが 自由にみえて たまらないんだ ねえ 僕らは誰かに憧れて 自分を見つけたら 羽ばたく ミツバチを綺麗に描くキミが 花のように素直に見える それぞれの空を見て 揺れていよう 今 なんで? これ以上は無いくらい 丁寧に描けているのに ひまわり色のミツバチ 破り捨てるかと思った キレイゴトは嫌いだけど 小さな自信だけで どこまでも 行きたい僕は キミの強さが うらやましいんだ ねえ 僕らはひとりじゃないけれど 自分の答えを 探してる 花を飛び 汗かくミツバチが 今僕に重なって見えた それぞれの夢を見て 歌い合おう さあ そのまま キミはキミでいて 飾らないままの 瞳で 僕達の悩みが無駄なんて きっと誰にも言えない 真っ白な壁を飛び越える キミならそう そこに絵を描く 金色に描かれたミツバチと 空を見る一輪の花 それぞれの風あびて 歩き出そう さあ 僕だけの空 キミだけの空
  11. BrokenMadoka

    WiLD CANDY

    ドロップの箱ふって 「これがあたしのシェルターだ」って 憂鬱に染まり過ぎじゃない? Free me Free me Free me 脱走ばっか想像しちゃうのは (ココジャナイ何処カヘ飛バセ) 成長したい証拠です なんていうか 次に出た 一粒で 旅立ってもいいよね ひろがる空にハレルヤ ペダルこいで 海にゆこう 太陽と飛行機のキスシーンにSay happy! 運命なんてわかんない 今を 今を 作り出そう ほっぺたに感じてる マリンフレーバーなBLUE CANDY 見つけた Good Good Good Good day ドロップの箱抱いて 頭ごなしに涙流して 本音が溜まり過ぎてない? Gloomy Gloomy Gloomy 人生ばっか考えちゃうのは (幸セッテ何処ダイ見エナイ) 低空飛行の原因です だから ドキドキを 呼び覚ませ 一粒にたくして 煌めく星のシャンデリア 君に 君に 会いにゆこう 一瞬の流れ星 願い事は You love me! 正解なんてわかんない だけど だけど 走ってる 全てが光り出すハート型のRED CANDY 今夜も Good Good Good Good taste 毎日を捨ててまで ぐるぐるぐる悩んで Down Down Down… あたしの決心は二酸化炭素じゃないぜ Rock in myself 裸足で笑うシンデレラ そうやって そうやって 生きてゆこう 真っ白な1ページ 走り書きの”So happy!” 何が出るかわかんない だけど だから あいしてる どんな日も輝きに巡り会えるMY CANDY いつだって Good Good Good Good days
  12. BrokenMadoka

    EGOiSTiC SHOOTER

    いつまで 隠してんの? バレバレな秘密を ココロに 大胆に匂わせた ぶら下げるウサギは あの子と お揃いなんでしょ?って ぐるぐるぐるぐる めぐる想像 三分ちょいの砂時計じゃ 妄想は埋められない状態 抱えてた 不安 問題 ごまかす笑顔は アンバランス 同情は ごめんだから 着飾る 見た目も 大袈裟に 余裕に見えるでしょ?ねっ? 弱虫臆病バンビも あっちこっち胸騒ぎ 消えてくれない 頭を撫でながらキミは 『カンガエスギダヨ』 あ゛ぁ゛ー 今更 何言われたって 閉ざす閉ざすわ ヒトリボッチ 猫なで声で呼んだって 躊躇う理由もないわ キミが僕だけ見てる証拠 今すぐ この手にちょうだい I'm egoistic shooter つかんでく 危険要素 繋いだ記憶 ココロアソビ いつだっけな? 推理小説 悪人は いつもとぼけ上手 『信じられないの?』って うるうるうるうる 媚びうる目で 3/3は 認めないの そう なんかキミ 似てるでしょ? 絡めた 指と指は 忘れられたまま 昔話 ちっぽけな ハプニング 僕には 最大のダメージ キミの言葉は全部 うそうそうそうそ ヤダ ウソツキ 繰り返し 信じたけど もうやっぱ元通りなんて論外 あっちこっち 残るキズ 癒えてくれない ずっとずっと 気づかない フリして後悔 にっちさっち 乱されて 我慢も限界 キミに触れるたび 浮かぶの アノコノヨコガオ あ゛ぁ゛ー どれだけ 隣に居たって ぶらぶらっと ヒトリボッチ キミのココロ 僕だけで 埋め尽くせたらいいのに 誰かに 向く矢の先は 予測不能のイタズラっ子 キズつけたい訳じゃなくて 愛されたい キミだけに キミが僕だけ見てる証拠 今すぐ この手に ちょうだい I'm egoistic shooter
  13. BrokenMadoka

    now and future

    イメージを明日の向こうに ずっとずっと描いて 今僕は 手を伸ばすよ 取り戻せない言い訳と 素直になれずに 貫いた ウソツキ それでも キミが優しいから ちくり痛い胸 一つだけ分かったよ 止まらない疑いだって 振り払って 僕だけ 信じ続けてくれるキミを 裏切りたくないから 『変わりたい』声にした今日が きっときっと 始まりだ、ってさ 僕の運命を ここから 誰かが 後ろ指さして 何度何度 嘲笑っても 僕は迷わない what's? mistake? NO! I still have time to change it, myself all of me lead to now, and future… 誇れないその現実に 臆病な僕が隠れてる 分かるのに これが望んだ現実、だって 聞き分けが悪い僕に ずっと言い聞かせたけれど Ah 本当の望みに気付いたから Ah 邪魔する心は ほっといて Let's そう バイバイ 『変われない』塞いだ昨日が 全部全部 嘘みたいでさ 違う運命が ここから ありえない未来とかだって ぐっとぎゅっと たぐり寄せ 掴んでみせるよ イメージを明日の向こうに ずっとずっと描いて 今僕は 僕を信じてみたい 大体のヒトが描く 当たり前みたいなヒーロー 早々に興味を失って hey ララララララ 大胆に思い描く 僕がなりたいヒーロー 堂々と胸はるから 追いかけさせて yes!! 『変わりたい』声にした今日が きっときっと 始まりだ、ってさ 僕の運命を ここから 誰かが 後ろ指さして 何度何度 嘲笑ってもね 『変われない』塞いだ昨日が 全部全部 嘘みたいでさ 違う運命が ここから ありえない未来とかだって ぐっとぎゅっと たぐり寄せ 掴んでみせる キミからもらった“笑顔”を いつか僕も 誰かにあげれると 信じて what's? mistake? NO! I still have time to change it, myself all of me lead to now, and future…i believe
  14. BrokenMadoka

    oath sign

    繰(く)り返(かえ)す世界(せかい) 何度(なんど)手(て)を伸(の)ばしたら 儚(はかな)い涙(なみだ)は黒(くろ)い心(こころ)溶(と)かすの? 芽生(めば)え出(だ)した思(おも)いが胸(むね)に響(ひび)いたなら 君(きみ)の隣(となり)でずっと変(か)わらず護(まも)るだろう 堕(お)ちた希望(きぼう)を拾(ひろ)って明日(あす)に繋(つな)いでゆけば 絡(から)まった歪(いびず)な願(ねが)いだってほどける 光(ひかり)をかざして躊躇(ためら)いを消(け)した あげたかったのは未来(みらい)で 泣(な)いてる夜(よる)抱(だ)いたまま嘆(なげ)きを叫(さけ)んで 踏(ふ)み入(い)れた足(あし)を遠(とお)くの理想(りそう)が そっと癒(いや)してゆく 確(たし)かな絆(きずな)を強(つよ)く握(にぎ)り進(すす)もうどこまでも 穢(けが)れきった奇跡(きせき)を背(せ)に 創(つく)られた想(おも)い触(ふ)れればなによりも 温(あたた)かくて現実(げんじつ)が霞(かす)み始(はじ)める 狂(くる)い出(だ)した世界(せかい)に問(と)いかけ続(つづ)けても 答(こた)えなんて出(で)ないってもう君(きみ)は知(し)っていたの? 泣(な)いて滲(にじ)んだ願(ねが)いは決(けっ)して揺(ゆ)るぎはしなくて ただそっと痛(いた)みを終(お)わりなく与(あた)える 哀(かな)しみを知(し)って喜(よろこ)びを知(し)った 弱(よわ)さは君(きみ)を変(か)えて 立(た)ち止(ど)まった時(とき) 剥(は)がれすべてを壊(こわ)した 届(とど)くはずのない言葉(ことば)を託(たく)して 見(み)えた瞳(ひとみ)は 何(なに)を感(かん)じて遠(とお)ざけるの? 心(こころ)隠(かく)すように 今(いま)ここにいる意味(いみ) 教(おし)えてくれたなら 強(つよ)くいられる 変(か)わらずいつも 光(ひかり)をかざして躊躇(ためら)いを消(け)した あげたかったのは未来(みらい)で 泣(な)いてる夜(よる)抱(だ)いたまま嘆(なげ)きを叫(さけ)んで 踏(ふ)み入(い)れた足(あし)を遠(とお)くの理想(りそう)が そっと癒(いや)してゆく 確(たし)かな絆(きずな)を強(つよ)く握(にぎ)り進(すす)もうどこまでも 迷(まよ)いなんて目(め)を開(ひら)いて 振(ふ)り払(はら)って手(て)を伸(の)ばそう 穢(けが)れきった奇跡(きせき)を背(せ)に
  15. BrokenMadoka

    優しさに辿りつくまで

    ボロボロになって 聴こえた 『もうやめときなよ』 ワガママな僕は 言うんだよ 『あと一度』って イタズラな偶然 続いても “きっと 次は違う” 言い聞かせる 本当は 少し怖いけど 怯えた僕を 閉じこめる チカラより 誰かにもっと 優しくなれる 強さがほしい 消せないまま 深く刻んだ涙たちが いつの日か愛する 誰かを笑顔まで 連れてくように 今はまだ 好きになれない 弱い僕だけが 感じられる 確かな想いを噛みしめて この道 果てまで行こう 消せないまま 深く刻んだ涙たちが いつの日か愛する 誰かの悲しみも 拭えるように 今すぐに 好きになれない この瞬間に 『ありがとう』って言える その時は 伝えたい 今キミが 信じられない 弱い自分だけが 見落としそうな 小さな幸せも掴むから
  16. BrokenMadoka

    Crow Song

    背後(はいご)にはシャッターの壁(かべ) 指先(ゆびさき)は鉄(てつ)の匂(にお)い 進(すす)め 弾(はじ)け どのみち混(こ)むでしょ find a way ここから found out 見(み)つける rockを奏(かな)でろ 遠(とお)くを見据(みす)えろ 息継(いきつ)ぎさえできない街(まち)の中(なか) 星空(ほしぞら)が最高(さいこう)の舞台(ぶたい) カラスたちカーカーと鳴(な)くよ いつも思(おも)うよ いつ寝(ね)てるんだろ find a way あたしも song for 歌(うた)うよ rockを響(ひび)かせ crowと歌(うた)うよ いつまでこんなところに居(い)る? そう言(い)う奴(やつ)もいた気(き)がする うるさいことだけ言(い)うのなら 漆黒(しっこく)の羽(はね)にさらわれて消(き)えてくれ 全力(ぜんりょく)でもう倒(たお)れそうだ 指(ゆび)もすり切(き)れて痛(いた)い でもね 演(や)るよ 今夜(こんや)もビッグなストーリー find a way ここから found out 見(み)つける rockを奏(かな)でろ luckを歌(うた)うよ いつまでだってここに居(い)るよ 通(とお)り過(す)ぎていく人(ひと)の中(なか) 闇(やみ)に閉(と)ざされたステージで 今(いま)希望(きぼう)の詩(うた)歌(うた)うよ あなただって疲(つか)れてるでしょ その背中(せなか)にも届(とど)けたいよ こんな暗闇(くらやみ)の中(なか)からの 希望(きぼう)照(て)らす光(ひかり)の歌(うた)を その歌(うた)を
  17. BrokenMadoka

    My Song

    苛立(いらだ)ちをどこにぶつけるか探(さが)してる間(ま)に終(お)わる日(ひ) 空(そら)は灰色(はいいろ)をしてその先(さき)は何(なに)も見(み)えない 常識(じょうしき)ぶってる奴(やつ)が笑(わら)ってる 次(つぎ)はどんな嘘(うそ)を言(い)う? それで得(え)られたもの 大事(だいじ)に飾(かざ)っておけるの? でも明日(あす)へと進(すす)まなきゃならない だからこう歌(うた)うよ 泣(な)いてる君(きみ)こそ孤独(こどく)な君(きみ)こそ 正(ただ)しいよ人間(にんげん)らしいよ 落(お)とした涙(なみだ)がこう言(い)うよ こんなにも美(うつく)しい嘘(うそ)じゃない本当(ほんとう)の僕(ぼく)らをありがとう 叶(かな)えたい夢(ゆめ)や届(とど)かない夢(ゆめ)がある事(こと) それ自体(じたい)が夢(ゆめ)になり希望(きぼう)になり人(ひと)は生(い)きていけるんだろ 扉(とびら)はある そこで待(ま)っている だから手(て)を伸(の)ばすよ 挫(くじ)けた君(きみ)にはもう一度(いちど)戦(たたか)える強(つよ)さと自信(じしん)とこの歌(うた)を 落(お)とした涙(なみだ)がこう言(い)うよ こんなにも汚(よご)れて醜(みにく)い世界(せかい)で出会(であ)えた奇跡(きせき)にありがとう
  18. BrokenMadoka

    Alchemy

    無限(むげん)に生(い)きたい 無限(むげん)に生(い)きられたら 全(すべ)て叶(かな)う でもいろんなものがあたしを追(お)い込(こ)んでく 生(い)きる残(のこ)り時間(じかん) 夢(ゆめ)の座標(ざひょう) 行方(ゆくえ) 全部(ぜんぶ)大事(だいじ)なものなのに いいさここらでちょっと甘(あま)いもの食(た)べていこ そういう思考(しこう)停止(ていし)ばかり得意(とくい)になった 歩(ある)いてきた道(みち)振(ふ)り返(かえ)るとイヤなことばっかりでもううんざりだよ 触(ふ)れるものを輝(かがや)かしてゆくそんな道(みち)を生(い)きてきたかったよ 無性(むしょう)に生(い)きたい 焦(あせ)ってばかりの日々(ひび) 全(すべ)て消(き)えそう でもさぼってもみる だって疲(つか)れちゃうじゃない そんな矛盾(むじゅん)思考(しこう) あたし頭(あたま)どっか知(し)らないうち打(う)ったみたいだ いっかここらでちょっと病院(びょういん)へ行(い)っとこう ずっと起(お)きてられる薬(くすり)は置(お)いてませんか? ぼさあと突(つ)っ立(た)ってるだけでもう 化石(かせき)になってしまいそうなんだよ 誰(だれ)からも忘(わす)れられたような くすんだ存在(そんざい)になってしまうよ いいさここでちょっと根性(こんじょう)を見(み)せてやる 自分(じぶん)で頬叩(ほほたた)いて存在(そんざい)の証明(しょうめい)へ 歩(ある)いてきた道(みち)振(ふ)り返(かえ)らない イヤなことばっかりでも前(まえ)へ進(すす)め 触(ふ)れるものを輝(かがや)かしてゆく そんな存在(そんざい)になってみせるよ